ここから本文です

世耕経産相、官民ファンドJICに譲歩促す 報酬問題

12/7(金) 20:38配信

毎日新聞

 世耕弘成経済産業相は7日の閣議後の記者会見で、経産省所管の官民ファンド「産業革新投資機構(JIC)」の報酬水準やガバナンス(統治)について「100%近い株式を保有する株主として国の意向をしっかりと反映させていく」と強調。そのうえで「JICは今後の対応をよく考えていただきたい」と述べ、JIC側に譲歩を促した。

 同省は高い報酬水準などを巡ってJICの田中正明社長と対立しており、関係が早期に改善しなければ田中氏の解任も辞さない構え。政府はJICに約95%出資し、会社法の規定で議決権の過半数を持つ株主が株主総会で賛成すれば取締役を解任できる。

 経産省はJICが傘下に情報開示義務のない投資ファンドを何段階にも重ねる組織構造を検討していることも問題視。田中氏との認識の差は大きく、世耕氏は「既にJICとの信頼関係が崩れている」と話した。【和田憲二】

最終更新:12/7(金) 20:51
毎日新聞

あなたにおすすめの記事