ここから本文です

【有馬記念】スワーヴリチャードは回避 来春は中山記念からドバイ遠征を視野

12/7(金) 12:17配信

スポーツ報知

 今年の大阪杯・G1を勝ったスワーヴリチャード(牡4歳、栗東・庄野靖志厩舎)が、ファン投票4位で選出されていた有馬記念(12月23日、中山競馬場・芝2500メートル)を回避し、年内は休養することが7日、分かった。

 来春は中山記念・G2(2月24日)で始動し、ドバイ国際競走(現地3月30日)への遠征を視野に入れる。同馬はジャパンCで3着に敗れた後、年末のグランプリ出走の可能性を残し、厩舎で調整していた。

 庄野調教師は「有馬記念には使わず、いったんリフレッシュ放牧に出します。ドバイではどのレースに使うかは決まっていません」と説明した。

最終更新:12/7(金) 19:06
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事