ここから本文です

清田、MGC切符に自信=9日にさいたま国際マラソン

12/7(金) 16:26配信

時事通信

 女子のさいたま国際マラソン(9日、さいたまスーパーアリーナ発着)に出場する有力選手が7日、さいたま市内で記者会見した。昨年の世界選手権代表で2時間23分47秒の記録を持つ清田真央(スズキ浜松AC)は「練習の成果を出せば、タイムもおのずと付いてくる」と自信を示した。

 2時間29分0秒以内で日本人3位以内に入るなどの条件を満たせば、2020年東京五輪代表選考会となるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権を得る。今春プロランナーに転向し、自己記録が2時間27分54秒の下門美春(埼玉陸協)は「確実にMGCの出場権を取りたい」と意気込んだ。 

最終更新:12/7(金) 17:21
時事通信

あなたにおすすめの記事