ここから本文です

キャプテン就任の阪神・糸原、年俸4000万円で契約更改「チームにも目を光らせて」

12/7(金) 17:39配信

デイリースポーツ

 阪神の糸原健斗内野手(26)が7日、兵庫・西宮市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季年俸1600万円から2400万増の年俸4000万円でサインした。

【写真】報道陣に囲まれる糸原

 2年目の今季は143試合に出場し、打率・286、1本塁打、35打点。遊撃で開幕スタメンに名を連ね、6月7日のオリックス戦(甲子園)で「1番」として出場して以来は「1番・二塁」を不動のものとした。チームで唯一全試合出場を果たし、攻守で存在感を発揮した1年間は、最下位に沈んだ猛虎にとって希望の光。会見で糸原は「全試合出てチームに貢献できたという面で、評価していただきました」と満足げな表情を浮かべた。

 来季からはキャプテンに就任する。キャプテン制度は2012年から設けられ、これまで鳥谷が5年、福留が2年と、チームの顔であり、経験豊富なベテランが務めてきた。

 重責を担う来季3年目の26歳は「自分のことで精いっぱいでしたけど、来年からは自分のことをしっかりやりつつ、チームにも目を光らせてやっていきたい」と自覚をにじませた。(金額は推定)

あなたにおすすめの記事