ここから本文です

国内最大規模のLANパーティー「C4 LAN 2018 WINTER」が堂々開幕!

12/7(金) 18:19配信

Impress Watch

 C4 LAN実行委員会が主催する国内最大規模のLANパーティー「C4 LAN 2018 WINTER」が12月7日、ベルサール高田馬場で開幕した。会期は9日までで、期間中は無休止オールナイトで開場する。入場料は2,000円(単日、席なし)より。18歳以下の入場はできない。

【この記事に関する別の画像を見る】

【C4 LAN 2018 WINTER】

 ゲームコミュニティにおける春と冬の風物詩となりつつあるC4 LANが開幕した。今回で5回目を迎え、開催規模は過去最大を更新。プラチナサポーターにはサードウェーブ、ゴールドサポーターにはサイコム、ロジクールを迎え、LANパーティー恒例の無休止オールナイトで実施される。

 LANパーティーとは、LAN環境という最強のネットワーク環境で快適にオンラインゲームを遊びたいというゲーマー有志がPC持ち込みで一カ所に集い、「DOOM」や「QUAKE」を遊びまくった欧米発祥のゲームカルチャーのひとつ。

 日本では1999年の「熱海温泉LANオフ」(参考記事)が初とされ、その後、2005年のBIGLAN、2006年の週末狼、2008年のNightLANと、有志によって継続され、その遺伝子はC4 LANに受け継がれている。

【レストエリア】

 LANパーティーはもともとPCゲームコミュニティから生まれたゲームカルチャーだが、現在はPCゲームに限らず、ゲームコンソール、スマートデバイス、カード/ボードゲームの類いまで、ゲームと名の付くものなら何でも持ち込んで楽しむ“ゲームパーティー”となっている。

 「C4 LAN 2018 WINTER」では、前回380席を上回る432席を用意し、最大1,500名の来場者を見込む。席付きのチケットはすでに完売となっているが、入場券(単日、全日)はまだ販売されており、メインステージで行なわれる様々なイベントや、GALLERIA/DOSPARA(サードウェーブ)をはじめとしたメーカーブース、そしてゲリラ的に行なわれるゲーム大会イベントには席を買わなくても参加できるため、LANパーティー初心者はまずは入場券を購入してLANパーティーに参加してみることから始めるのがオススメだ。

 各ブースで実施される趣向を凝らしたゲームイベントも魅力のひとつだ。今回最大規模のブースで出展するGALLERIA/DOSPARAは、公式ストリーマーのshobosuke氏、Gori氏によるTwitch配信や、サードウェーブのプロゲーミングチームRascalJesterのファンミーティング(12月8日14時~18時)などを予定。

 サイコムはストリーミング集団RAD所属のストリーマーKiilaDiviness氏をゲストとして招き、「Dead by Daylight」のサバイバルイベントを実施(12月7日22時~24時、12月8日22時~24時)。KiilaDiviness氏を“キラー”とし、キラーから逃げ切れた参加者には景品が授与される。このほかにも多数のイベントが予定されている。詳細については、現地で確認して欲しい。

【メーカーブース】

 初日の7日にメインステージで行なわれたオープニングセレモニーでは、MCの岸大河氏とOooda氏が登壇し、謎のキャラクターLANNERが会場にネットワークを届けるべくLANケーブルをPCに差し込む「開幕の儀」を経て無事開幕となった。

 ステージイベントや会場の模様は、CyACTVやGALLERIA GAMEMASTERのTwitchページを介して無料で楽しむことができる。ただ、もっともオススメな楽しみ方は会場に行くことだ。ぜひ平成最後のLANパーティーを多くのゲームコミュニティと共に楽しみたいところだ。

【オープニングセレモニー】

【会場風景】

【「Starcraft」コミュニティに注目!】

GAME Watch,中村聖司

最終更新:12/7(金) 20:52
Impress Watch

あなたにおすすめの記事