ここから本文です

上沼恵美子、元貴親方の出馬の噂に対し「踊らされたらあきません」 政治より新たな相撲界の構築に期待

12/7(金) 21:53配信

スポニチアネックス

 元横綱・若乃花でタレントの花田虎上(47)が7日、関西テレビ「怪傑えみちゃんねる」(金曜後7・00)に出演。MCの上沼恵美子(63)と弟の元貴乃花親方の花田光司氏(46)について語り合った。

 MCの上沼恵美子(63)は、昔からの若貴兄弟ファン。そんな上沼から見て、最近の光司氏は様子が「おかしい」と語った。特に気になったのは「ニコニコ笑うようになった」こと。上沼は光司氏のあまりの変貌ぶりに「あまりにあまりやわ。私の知っている“貴ちゃん”であってほしい」と願望を口にした。

 さらに光司氏の将来についても言及。「タレントにになられるんですかね?政治家は…?」と虎上に話を振ると、周囲の人たちからは「(光司氏は)政治家やるんじゃない?」の声が多いことを伝えた。理由はやはり引退会見の次のインタビューが「議員会館前」で行われたこと。「それが答えじゃないの?」と結論付ける人ばかりなのだという。

 ただ、上沼は「何でもかんでも議員てどないやろ!」と納得がいかない様子。「私だって、何回出馬要請あったか」と自身の経験を踏まえながら、議員について語りだした。

 上沼は要請を受けた時、「なんで(私が)?勉強もできへんし」と思ったそうだが、「票をもらうだけでいいんです」と言われたろ言う。「そんなことを言う時代もあったんです」とぶっちゃけながら、「タレント議員、出過ぎたわ。おかしいって」と嘆いた。

 上沼はタレント議員について「名前があるからといって…当選はしますよ。トップ当選。スゴいことやと思いますけど」と前置きしつつ、光司氏に向け「踊らされたらあきません」と声を大にして撤退することを願った。

 それよりも上沼は、光司氏は政治とは別の所で尽力してほしい気持ちがあるという。最近、一部で話題になっている「新相撲協会」を設立し、新たな相撲界を作って欲しいというのだ。「最初に立ちあげるのは難しいもんですけど、あなたはできる!」と力説。「政治家になったら私は(あなたに)興味ない!」と、あくまで政治家になることは反対の立場を取っていた。

あなたにおすすめの記事