ここから本文です

聖光学院、花園1勝へ元日本代表・安藤コーチが“活”

12/8(土) 5:43配信

スポーツ報知

 27日開幕の全国高校ラグビー大会(花園)に初出場する聖光学院(福島)が特別コーチの“活”で気持ちを入れ替え、1回戦(28日)の城東(徳島)戦に臨む。目標達成で緩んだ心を、元日本代表SOで現トップチャレンジリーグ・三菱重工相模原コーチの安藤栄次氏(36)らに引き締められた。

 今年5月から特別コーチとして指導してきた安藤コーチと伊藤雄大コーチ(36)が、県大会優勝後初参加した3日の練習。安藤コーチは「花園に出るのが目標だったのでね」と理解しながらも、厳しい言葉をかけた。「花園で何をやるか。勝つことを(新たに)目標にしたなら、もっとやらないといけない」。きっぱりと語った熱い思いは、選手たちにも伝わった。

 「優勝して浮かれていたところがあって、甘さが見えたんだと思う」とNO8藤田優希弥主将(3年)。これまでコーチたちの助言で動きや位置取りを改善し、プレーの質を高めて力をつけてきた。部員のほとんどが高校からラグビーを始めただけに、伸びしろはまだある。「教わってきたこと、やってきたことを崩さず戦う」(藤田主将)と気合を入れ直し、花園1勝を達成する。(有吉 広紀)

最終更新:12/9(日) 22:36
スポーツ報知

あなたにおすすめの記事