ここから本文です

第15回 好きな女性アナウンサーランキング、フリー転身の有働アナが初の首位

12/7(金) 8:40配信

オリコン

 ORICON NEWSでは、年末の恒例企画『好きな女性アナウンサーランキング』を今年も発表。今回で15回目の調査となった<女性アナウンサー編>。昨年で日本テレビの【水卜麻美】アナウンサーが5年連続1位の“殿堂入り”。局アナ、フリー含め“女子アナ戦国時代”が続いているなか、ランキングを制したのは、NHKからフリーに転身した【有働由美子】アナという結果となった。

【ランキング表】局アナ、フリー入り混じる女子アナTOP10 新顔は4人!

■有働由美子が初首位、飾らない素の姿に好感の声多数

 自身初の1位にランクインしたのは、今年3月にNHKを退社した【有働由美子】アナ。NHK時代の『スタジオパークからこんにちは』『あさイチ』が好評を得て、昨年2位よりランクアップを果たした。フリーに転身するや、10月からは『news zero』(日本テレビ系)のキャスターに抜擢され、“夜の顔”に進出。「視聴者と会話するニュース」というコンセプトの番組だけに、女性目線で本音を語るのが得意な有働アナは「適任」との声が。開始時の会見では「視聴率が悪いなら、私が視聴者とズレているということ。クビを切ってもらえる安心感がある」と、信念があるからこそのストレートな物言いできっぷの良さを見せつけた点も話題をさらった。

 そんな有働アナを「あまり裏表が無さそうでいい人そうだから」(三重県/10代・女性)、「サバサバしているのにかわいらしい部分もあり。ああいう女性になりたいなぁと思える人」(茨城県/30代・女性)、「豊富な経験に裏打ちされたトーク・進行の仕方」(三重県/50代・男性)など老若男女が支持した。

 また、「脇汗事件」や「“40歳で更年期”発言」など『あさイチ』で自身の体験を赤裸々に語る姿が印象的であった有働アナ。「親近感があり親しみが持てる」(東京都/50代・男性)、「仕事に真摯に向き合ってる」(静岡県/40代・女性)と、飾らない素の姿に好感を示すコメントも多数寄せられた。アナウンサースキルとして培った落ち着き、的確さ、進行力なども含み、今回の首位獲得は、局アナ時代の延長戦上ともいえよう。今後『news zero』のキャスターという立ち位置で、これまでの持ち味をうまく発揮していけるのか、視聴者の期待も高まる。

1/3ページ

最終更新:12/9(日) 3:25
オリコン

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ