ここから本文です

アリアナ・グランデ、ビルボード・ウーマン・オブ・ザ・イヤーを受賞

12/7(金) 21:26配信

BARKS

木曜日(12月6日)、2018年活躍した女性アーティストを称える『Billboard』誌主催のアワーズ<Billboard Women In Music>がニューヨークで開催された。

◆<Billboard Women In Music>画像

パティ・ラベルからの紹介により、ウーマン・オブ・ザ・イヤーを受賞したアリアナ・グランデは、「今年は私のキャリアで最高の、そして私の人生では最低の年の1つだってわかり興味深かったわ」「矛盾した1年だった」と話し、涙をこらえながら「もし、あなたが次のチャプターが自分に何をもたらすかわからないと思っているなら……、それはあなた1人じゃないわ。私は、この先起こることがなんであれ、受け入れようと楽しみにしている」と続け、ファンや友人、スタッフらに感謝した。

ウーマン・オブ・ザ・イヤーは2007年に設立されて以来、リーバ・マッキンタイア、シアラ、ビヨンセ、ファーギー、テイラー・スウィフト(2回)、ケイティ・ペリー、ピンク、レディー・ガガ、マドンナ、セレーナ・ゴメスが選出されている。

これまでにアレサ・フランクリン(2014年)、シャナイア・トゥエイン(2016年)、メアリー・J.ブライジ(2017年)が受賞してきたアイコン・オブ・ザ・イヤーは、今年はシンディ・ローパーへ贈られた。

2018年の<Billboard Women In Music>では、以下の女性たちの栄誉が称えられた。

●ウーマン・オブ・ザ・イヤー
アリアナ・グランデ

●ライジング・スター・アワード
ヘイリー・キヨコ

●ルールブレーカー・アワード
SZA

●トレイブルレイザー・アワード
ジャネール・モネイ

●イノベーター
ケイシー・マスグレイヴス

●アイコン・オブ・ザ・イヤー
シンディ・ローパー

アリシア・キーズ、デュア・リパ、Anderson .Paakらがプレゼンターとして出演した。

Ako Suzuki

最終更新:12/7(金) 21:26
BARKS

あなたにおすすめの記事