ここから本文です

【前走後の談話】土曜阪神11R・リゲルS

12/7(金) 23:59配信

サンケイスポーツ

 前走時のレース直後のジョッキーや関係者の談話。成績欄からはうかがい知れない道中の不利や、落鉄、フケなど、今回の馬券勝負につながるヒントが埋まっている宝の山です。

 ◇アサクサゲンキ「前と離れすぎて、嫌気を差していた」(吉原寛騎手)

 ◇グリュイエール「うまく抜け出せたが、今日は勝ち馬が強かった」(藤岡佑騎手)

 ◇ストーミーシー「直線までいい感じだったけど、最後は伸び切れなかった」(大野拓騎手)

 ◇ストーンウェア「どうも行きっぷりが良くなかったし、目に見えない疲れがあったのかもしれない」(蛯名正騎手)

 ◇スマートオーディン「最内枠で、こういう競馬しかできなかった。外枠が欲しかった」(松山弘騎手)

 ◇トゥラヴェスーラ「思ったほど行き脚がつきなかった。でも、ラストはジワジワと伸びていた」(藤岡康騎手)

 ◇パクスアメリカーナ「どうしても直線で内にササる。もう少し良くなっているかと思ったが…。今後の課題」(川田将騎手)

 ◇ラインシュナイダー「ペースが速くなったところでついていけなくなった。ベストは1400メートルだと思うし、状態が上がっていけば」(柴田大騎手)

 ◇ロワアブソリュー「脚をためればラストは切れると聞いていた。直線では本当にいい脚を使ってくれた」(内田博騎手)

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ