ここから本文です

【前走後の談話】土曜中山11R・師走S

12/7(金) 23:11配信

サンケイスポーツ

 前走時のレース直後のジョッキーや関係者の談話。成績欄からはうかがい知れない道中の不利や、落鉄、フケなど、今回の馬券勝負につながるヒントが埋まっている宝の山です。

 ◇アングライフェン「指示通りに序盤はじっくりと乗って、しまいにかける競馬をした。ペースが流れてこの馬に展開が向いたこともあるが、最後はいい脚を使ってくれて力のあるところを見せてくれた。ただ、斤量差があったこともあるが、勝ち馬は強かった」(三浦皇騎手)

 ◇クイーンマンボ「気合が乗っていたし、この前よりも具合は良くなっていた。道中はずっといい感じだったが、前が止まらなかった」(ルメール騎手)

 ◇クインズサターン「厩舎がよく仕上げてくれていた。本当は勝った馬より後ろで競馬をしたかったけど、スタートが良かったのであの位置に。久々の1600メートルはどうかと思ったけど、やっぱりいい。2着で賞金を加算して最低限の仕事はできたと思う」(四位洋騎手)

 ◇コスモカナディアン「どうしても1歩目が遅く、位置取りが悪くなってしまう。最後はよく詰めてくれているだけに、流れに乗った競馬ができていれば違ったが…」(丹内祐騎手)

 ◇チュウワウィザード「(この馬にとって)いい流れというわけではなかった。終始、苦しい競馬になったけど、ぎりぎりでつかまえてくれたのはこの馬の能力の高さ」(川田将騎手)

 ◇ツクバアズマオー「休みが長く、まだトモのバランスが良くない」(柴田善騎手)

 ◇テーオーエナジー「スッと2番手を取れたのは良かった。でも、最後は止まってしまった」(岩田康騎手)

 ◇トップディーヴォ「初めて乗ったので分からないところも。もう少し走れると思ったが…」(田中勝騎手)

 ◇ノーブルサターン「勝ち馬にプレッシャーをかけられる形だったし、休み明けでまだ良化途上の感じ。これを使って良くなるのでは」(鮫島良騎手)

 ◇マイネルバサラ「思った通りの位置で競馬ができたけど、3、4コーナーの手応えがもうひとつで…。そのなかでもよく頑張ってくれているが…」(戸崎圭騎手)

 ◇メイショウスミトモ「道中は流れが速かったし、上がりの時計も速すぎた」(古川吉騎手)

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事