ここから本文です

【前走後の談話】土曜中山12R

12/7(金) 22:57配信

サンケイスポーツ

 前走時のレース直後のジョッキーや関係者の談話。成績欄からはうかがい知れない道中の不利や、落鉄、フケなど、今回の馬券勝負につながるヒントが埋まっている宝の山です。

 ◇アンノートル「ペースは速かったが、自分のリズムで運べた。外の馬が動いてきたタイミングで追い出したが、そこからも思った以上に踏ん張ってくれた。やはりこのクラスなら能力は一枚上。ブランク明けだっただけに、次走の上積みも大きいと思う」(野中悠騎手)

 ◇クイーングラス「シュッと動けるタイプではないので、前めにつけて早め早めの競馬をした。この速い時計にもよく対応してくれたと思う」(内田博騎手)

 ◇サクラユニヴァース「レース前にテンションが上がっていた。それでも道中の手応えが良かったし、いい瞬発力を見せてくれた」(モレイラ騎手)

 ◇シュバルツリッター「ペースが流れていたし、いいポジションで運べた。いい内容のレースができた」(大野拓騎手)

 ◇ソイルトゥザソウル「距離を考えて最初は無理をせず、しっかり脚をためた。もともと強い相手と戦ってきていたし、いい脚を使ってくれた」(木幡初騎手)

 ◇ダンシングチコ「返し馬まではいいけど、ゲートの後ろでスイッチが入ってしまい、ゲートの出が悪かった。それでもしまいに伸びるように、能力はある」(横山典騎手)

 ◇バーミーブリーズ「4コーナーでもう少し前の馬が進んでくれていれば、惰性をつけていけたが」(菊沢一騎手)

 ◇マイネルプリンチペ「落ち着きが出たので、今日は(テンに)出していった。それでも掛かるところはなく、距離も大丈夫だった。使うごとに馬は良くなっている。距離が延びてもいいなので、まだ良くなると思う」(柴田大騎手)

 ◇マルターズルーメン「スタートがあまり良くなかったので、ストレスをかけないように走らせた。ただ若干、距離は長いかな」(吉田隼騎手)

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ