ここから本文です

映画『トップ・ガン』から学ぶ、英語で「はい」「いいえ」をカッコよく言う方法

2018/12/7(金) 13:44配信

リクナビNEXTジャーナル

『頑張らない英語』シリーズ(あさ出版)や『TOEIC最強の根本対策』シリーズ(実務教育出版)など数々の英語学習に関する著書を出されている西澤ロイさん。英語の“お医者さん”として、英語学習の改善指導なども行っている西澤さんに「正しい英語学習の方法」についてお話しいただくこの。第18回目の今回は、「海外アニメ映画に学ぶ英語フレーズ」です。今回は今話題の映画『トップ・ガン』を題材にしたいと思います。
プロフィール
西澤ロイ(にしざわ・ろい) イングリッシュ・ドクター
英語の“お医者さん”として、英語に対する誤った思い込みや英語嫌いを治療し、心理面のケアや、学習体質の改善指導を行なっている。英語が上達しない原因である「英語病」を治療する専門家。ベストセラーとなっているや他、著書多数。さらに、ラジオで4本のレギュラーがオンエア中。特に、木8の番組「めざせ!スキ度UP」が好評を博している。
前回の記事では、映画「リメンバー・ミー」(原題:Coco)に登場する英語表現を取り上げました。それがとても好評でしたので、引き続き、今回も映画に出てくる英語表現を取り上げて解説します。
今回取り上げたいのは、元々1986年に公開されて大人気を博し、なんと32年ぶりに続編が出ることになった映画「トップ・ガン」(原題:Top Gun)です。
一番有名なセリフは
I feel the need… the need for speed.
(俺には必要なんだ…スピードが)
ではないでしょうか。また、ケニー・ロギンスが歌った主題歌「デンジャー・ゾーン」の
Highway to the danger zone
(危険なゾーンへのハイウェイ)
という歌詞も有名ですね。
そして、英語を学んでいる方であれば、さらに押さえておくと良いのは
No points for second place.
(2位だと得点はない ⇒ 1位にならないと意味がない)
かもしれません。

1/3ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事