ここから本文です

12月7日(金)の天気 北日本は大雪・吹雪に警戒 関東は寒さ落ち着く

12/7(金) 5:19配信

ウェザーニュース

■ 今日の天気のポイント ■

 ・北日本は大雪・吹雪に警戒
 ・太平洋側は日差しあり、関東は寒さ落ち着く
 ・夜は全国的に冷え込み強まる

 今日7日(金)は、低気圧が発達しながら通過する影響で、北日本は雪や雨が降りやすく、湿った雪が強まるところがありそうです。

 太平洋側は天気が回復傾向。雲が多めながらも日差しが戻ります。

北日本は大雪・吹雪に警戒

 低気圧が通過する影響で、北海道の各地や東北の内陸部は湿った雪が強く降り、短時間で積雪増加のおそれがあります。
 北海道各地や東北の山沿いは、夜にかけて新たに10~20cmの雪が積もりそうです。
 東北は内陸の市街地でも積もるところがあるため、路面状況の悪化にご注意ください。

 また、風も強く、暴風雪となるところもあります。

 北海道道東の内陸部は湿った雪と強風による着雪のおそれもあり、念のため停電への備えも必要です。

太平洋側は日差しあり、関東は寒さ落ち着く

 低気圧や前線が離れ、太平洋側は雨の所は少なくなります。
 西日本を中心に雲が残ってすっきりしない天気ではあるものの、日差しは届きます。

 晴れる時間が長い関東は、昨日に比べで気温が上がり、昼間の寒さは落ち着きそうです。

夜は全国的に冷え込み強まる

 今夜以降は真冬並みの強い寒気が南下し、全国的に気温が下がります。
 ほとんどのところで朝よりも夜の気温が低くなるため、お帰りの時間に合わせた服装選びが必要です。

 西日本でも夜遅い時間は5℃を下回るところがあり、冷たい風が加わるため、しっかりと防寒をしておくと安心です。

ウェザーニュース

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ