ここから本文です

頭が重そう… 富士山に巨大な笠雲が出現

2018/12/7(金) 13:05配信

ウェザーニュース

 今日7日(金)は、南の海上に離れた前線の影響が残り、中部エリアは雲の多い天気となっています。

 雲の底が少し高くなったタイミングで、大きな笠を被った富士山が姿を見せました。

笠雲とは?

 山の頂上付近に雲がかぶさることがあり、このような雲を「笠雲(かさぐも)」と言います。

 上空を流れる湿った空気が山の斜面にぶつかることによって、強制的に上昇して雲ができます。

 このとき、上空の風が強いと、風上側の斜面で雲が発生。風下側の斜面では雲が消えていくという現象を絶え間なく繰り返すことによって、山頂付近で雲が止まって見えます。

 今日の富士山周辺は地上付近の風は弱いものの、3000m付近は20m/sを超える西風が吹いていて、笠雲を作り出しています。

今回は天気回復へ

 今夜にかけては寒気が南下し、前線の雲は少しずつ離れていきます

 今回の笠雲は、下り坂のサインではなく、むしろ天気はゆっくりと回復に向かうサインだったようです。

ウェザーニュース

最終更新:2018/12/7(金) 13:05
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事