ここから本文です

特殊部隊隊員が「秘密軍」を組織、ドイツ軍にネオナチの影

2018/12/7(金) 10:00配信

The Telegraph

【記者:Jorg Luyken】
 ドイツ特殊部隊に所属するあるエリート兵士は、退役した隊員が日常生活に適応できるよう支援する組織を立ち上げ、私利私欲のない博愛主義者として名をはせていた。しかし、それははうわべの姿にすぎず、実際には、元軍人を集めて組織を作り、武器を集めて政治家たちを殺害する機会をうかがっていたのだった──。

 それはまるで、安っぽい長編小説に出てくる策略のようだった。だがこれは実際の話で、小説ではない。今回、「ハンニバル」のコードネームを持つ兵士、アンドレ・S(Andre S)の計画について独メディアがこぞって報じ、この精鋭部隊についてドイツ国内ではほとんど知られていないという事実が浮き彫りになった。

 一連の報道では、ハンニバルが慈善活動を通じて知り会った特殊部隊の元兵士らを、過激思想主義の「影の軍隊」に密かに入隊させていたということが伝えられた。

 独週刊誌フォークス(Focus)が先ごろ報じたこの驚くべき疑惑は、プレッパーと呼ばれる陰謀論者と世界終末論者を対象とした、連邦警察当局による捜査の内部情報に基づいているとされる。

 2016年、ドイツ連邦軍の将校フランコ・アルブレヒト(Franco Albrecht)被告が、テロ行為を計画したとして逮捕された事件以降、ネオナチが軍に入り込んでいる可能性があるとの考えに、ドイツの人々は神経をとがらせている。

 また、こうした事件や捜査を受け、特殊部隊を取り巻く「秘密性」に対しても疑問の声が上がっている。これについては、戦後広がった軍国主義に対する無関心さが、過激主義者の軍への浸透を分かりにくくしているとの意見も出ている。

 アルブレヒト被告は2016年4月、オーストリアのウィーン空港(Vienna Airport)のトイレに隠してあった武器を回収しようとした際に逮捕された。

 検察当局は、同被告が一般の人々の殺害を計画し、その責任を実在しない難民に負わせようとした極右思想の持ち主だと主張している。逮捕に至るまでの数か月間、アルブレヒト被告はシリア・アレッポ(Aleppo)出身の露天商を名乗り、いわゆる二重生活を送っていた。アラビア語はまったく話せないにもかかわらず、難民認定までされていた。

1/2ページ

最終更新:2018/12/7(金) 10:00
The Telegraph

あなたにおすすめの記事