ここから本文です

Ploom TECH、5つの都市をモチーフにした限定デザイン

12/7(金) 10:27配信

Engadget 日本版

JTは加熱式たばこ「Ploom TECH」(プルーム・テック)の白色モデルをベースにした、限定デザインバッテリーを発表しました。発売日は12月10日で、希望小売価格は税込みで1500円です。

ギャラリー: 「 Ploom S」「PloomTECH+」

Ploom TECHは低温加熱方式のたばこ用デバイスで、専用のたばこカプセルとカートリッジをバッテリーにセットして使用できます。今回はこのバッテリー部分の限定デザインモデルです。

今回の限定デザインは、黒色バージョンが7月に発売された「CROSS THE BORDER」シリーズの白色ベース版という位置づけ。デザインバリエーションは計10種類となります。白色バージョンは本体自体が10月に発売されたばかりなので、短期間での限定デザインバッテリー投入となります。

CROSS THE BORDERシリーズは「国境を越える」をテーマに、アムステルダム(オランダ)、ベルリン(ドイツ)、コペンハーゲン(デンマーク)、ソウル(韓国)の5つの都市をモチーフしたデザイン。大胆な柄で表現された「CTB-BOLD EDITION」5種類と、 シンプルなラインで構成された「CTB2-DETAIL EDITION」5種類をラインアップしています。

田沢梓門

最終更新:12/7(金) 10:29
Engadget 日本版

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ