ここから本文です

欧州最大級のチョコ祭典が日本初開催へ、数百種類のチョコが来年2月に大阪に集結

12/7(金) 16:20配信

日本食糧新聞

イタリアのペルージャで毎年秋に開催される欧州最大級のチョコレートの祭典「Eurochocolate(ユーロチョコレート)」が2019年、バレンタイン時期に日本に初上陸する。

人材派遣紹介事業などを行うCRGホールディングスのグループ会社であるジョブスが各種イベントの企画・運営事業を開始、第1弾イベントとして展開する。2月1~14日の期間、大阪・堂島リバーフォーラムで「Eurochocolate in Osaka 2019」として開催する。

イタリアのペルージャで開催される「ユーロチョコレート」期間中の10日間は、世界中から毎年約100万人の来場者が訪れ、旧市街からメーンストリートまでペルージャの街がチョコレートで埋め尽くされる。

日本初開催となる「Eurochocolate in Osaka 2019」は、2019年2月1日から14日の2週間、大阪市福島区・堂島リバーフォーラムを会場とする。

開催期間中は、数百種類のイタリアのチョコレートと日本国内有数のチョコレートが一堂に会する。また、チョコレートにまつわる雑貨や鮮やかな色彩と海外ならではのパッケージ、遊び心たっぷりのチョコレートを50gから量り売り可能な手軽なものから高級品まで、さまざまなチョコレートを用意する。

さらにイタリア料理教室を開催するなど、体験型コンテンツも多数用意する。入場料は、2019年2月1~3日、8~11日が400円で、4~7日、12~14日は300円。小学生は無料。チケット発売は、12月14日からチケットぴあ、ローソンチケットなどで開始する。

日本食糧新聞社

最終更新:12/7(金) 16:20
日本食糧新聞

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ

あわせて読みたい