ここから本文です

ダウ小幅続落、米中関係の悪化を警戒して(6日)

12/7(金) 7:01配信

ロイター

12月6日木曜日―米国株式市場は大幅続落で引けた。中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)幹部が米国の要請でカナダで逮捕されたことから、米中の対立が深まり、貿易摩擦が激化するとの懸念が広がった。米長期金利の低下や原油安も嫌気された。一方、ハイテク株の一部が買い戻され、ナスダックはプラスに転じて終えた。ロイターの吉川淳子がニューヨークからレポート。

吉川淳子

最終更新:12/7(金) 7:01
ロイター

あなたにおすすめの記事