ここから本文です

【動画】冬将軍が襲来 北日本は荒天 東・西日本の日本海側も雪(7日7時更新)

12/7(金) 7:46配信

ウェザーマップ

ウェザーマップ

 きょう(金)からは、冬将軍がやってきます。北日本では冬の嵐になり、東・西日本の日本海側でも雪が降りそうです。

 きょうは二十四節気の1つ「大雪(たいせつ)」。本格的な冬が到来する頃です。冬型の気圧配置で、上空1500メートル付近には、平地でも雪が降る目安の-6℃以下の寒気が西日本まで南下します。北日本にはさらに強い-9℃以下の寒気が流れ込むでしょう。

 あす(土)の朝にかけて、北海道日本海側で50センチ、東北日本海側で30センチの雪が降る見込みです。(いずれも多い所)

 北海道は朝から雪で、東日本や西日本も山沿いを中心に雪が降るでしょう。山陰から北陸は、あすの朝にかけて、多い所で10~15センチの降雪が予想されます。夜は平地でも雪が降り、初雪になる所がありそうです。

 北よりの風が強く吹くので、北日本を中心にふぶきに注意して下さい。

 太平洋側もくもりがちでしょう。

 日中の気温は、きのうと同じか低い所が多そうです。東京は17℃(前日差+7℃)、仙台は15℃(前日差+10℃)で、きのうより大幅に高くなります。ただ、日が暮れると一気に気温が下がり、寒くなりそうです。
(気象予報士・久保井朝美)

最終更新:12/7(金) 7:46
ウェザーマップ

あなたにおすすめの記事