ここから本文です

100均の手帳は使い勝手抜群! 自分好みにアレンジして「キレカワリア充手帳」を作っちゃおう。

2018/12/7(金) 12:01配信

マネーの達人

ダイソーのスケジュール帳が今年もすごい!

スケジュール管理のツールは人それぞれです。

アプリを使っているという方もいれば、昔ながらの手帳に書きこむという方もいることでしょう。

今回は、100円ショップダイソーで販売されているスケジュール帳にスポットを当ててみました。

100円とは思えない使い勝手の良さを紹介します。

毎月の予定が見える化できる大き目の枠

1日で多くのスケジュールがある人には、ダイソーのスケジュール帳がおすすめです。

1日のスペースが四角く大き目なので、予定を数個書き込んでも大丈夫です。

■色ペンを使うと、見やすい

予定欄の色使いは最小限に抑えられているので、色ペンを使い分ければ予定を仕事、家族、趣味などと分けることも可能です。

筆者はダイソーで購入したこちらの3色ボールペンを使っています。

0.7ミリで、書き心地もなめらか、赤青黒の3色が1本になっているのもうれしいポイントです。

スケジュール帳にひっかけられる構造なので、持ち歩きにも便利です。

スケジュールシールを併用して、キレカワ管理

ダイソーから販売されているのがスケジュールシールという商品です。

色柄はたくさんの種類があり、ぐでたまやキティなどサンリオキャラクターとコラボした商品もあります。

画像左の丸型のシールは、日付のところに貼りつけて、一目でなんの日がわかるようにデコレーションできます。

筆者の場合、子どもの習い事の日にシールを貼っています。

半透明の素材なので、貼りつけた部分に書いたこともしっかり見えて便利です。

貼った上からも文字が書け、インクもにじみにくいです。

画像右側のシールは、イベント管理にピッタリです。

誕生日や友人とのランチ、ちょっとしたイベント毎に貼りつけて、かわいさもアップします。

絵が下手な人でもかわいい絵をスケジュール帳の中にふんだんに取り入れることが可能です。

■予定を書き込むのが楽しくなる

「明日も仕事か…」とゲンナリした気持ちでも、色ペンやシールを使い、自分で予定を書いていくと「リア充感」が出て、楽しくなります。

スケジュールシールは使わないときは手帳の透明なカバー中に収めておけば無くす心配もなく、使いたいときにすぐ取り出すことが出来るのでオススメです。

1/2ページ

最終更新:2018/12/7(金) 12:01
マネーの達人

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事