ここから本文です

サンリオキャラ270! 小田急多摩センター駅「ピューロランドアートステーション」に!

2018/12/7(金) 11:14配信

乗りものニュース

サンリオキャラクターの装飾は計270か所!

 小田急電鉄とサンリオエンターテイメントが2018年12月6日(木)、多摩線 小田急多摩センター駅(東京都多摩市)の構内を“サンリオ仕様”に一新しました。

この記事の画像をもっと見る(77枚)

「ハローキティ」をはじめ、「シナモロール」「マイメロディ」「ポムポムプリン」「タイニーチャム」などのキャラクターが、駅事務室、天井照明、エスカレーター、ホームの駅名標、待合室、乗車位置目標など、計270か所に装飾されています。

 コンセプトは、駅をギャラリーに見立てた「サンリオピューロランドアートステーション」です。多摩市の地域活性化と、国内外からの誘客を目的に実施したといいます。

 この日は、改札口コンコースでオープニングセレモニーを開催。小田急電鉄 旅客営業部長の水上秀博さん、新百合ヶ丘駅長の飯塚公彦さん、サンリオピューロランド館長の小巻亜矢さん、多摩市 政策監の若林和彦さんとともに、「ハローキティ」と「シナモロール」も参加しました。

 小巻館長が一番気に入っている装飾は、改札内の天井照明だそうです。「LEDがとても明るくて、キャラクターたちが『ウェルカム』と言ってくれているようです」と、その理由を話しています。

乗りものニュース編集部

最終更新:2018/12/7(金) 18:12
乗りものニュース

あなたにおすすめの記事