ここから本文です

小籠包で知られるシンガポール発の人気店「クリスタル・ジェイド」マカオ2号店オープン…大型カジノIR「サンズコタイセントラル」内

2018/12/7(金) 15:32配信

マカオ新聞

 マカオ・コタイ地区の大型カジノIR(統合型リゾート)「サンズコタイセントラル」運営会社は12月6日、リゾート内に小籠包で有名な中国料理レストラン「クリスタル・ジェイド(翡翠拉麺小籠包)」のマカオ第2号店が正式オープンしたと発表。

 クリスタル・ジェイドはシンガポールが発祥で、香港、ベトナム、バンコク、ソウル、マニラ、上海、北京、サンフランシスコなど世界30都市に約120店を展開している。香港には2001年に上陸。「ミシュランガイド香港マカオ」2009年版のコストパフォーマンスの良いレストランを紹介する「ビブグルマン」コーナーに初登場し、最新版まで継続掲載されている。

 マカオ2号店は店舗中央奥にガラス張りのオープンキッチンを配し、蘭州ラーメンや小籠包といった名物メニューの調理の様子を見ながら食事を楽しむことができる。座席数は176席、営業時間は午前11時から午後11時までで、年中無休。

 マカオ1号店はサンズコタイセントラルの姉妹リゾートにあたるコタイ地区の「ザ・パリジャン・マカオ」内に今年5月にオープン済みで、好評を博しているとのこと。こちらの座席数は264席、月曜日から木曜日までが午前8時から翌午前3時まで、金曜日から日曜日と祝日は24時間営業となっている。

最終更新:2018/12/7(金) 15:32
マカオ新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事