ここから本文です

12月定例県議会 一般質問始まる /埼玉県

12/7(金) 18:28配信

テレ玉

12月定例県議会は7日から一般質問が始まり、県の医療や教育、災害への備えなどについて質疑が交わされました。

自民党の神尾高善議員は移転したさいたま赤十字病院について、県は、県有地を2割減免して貸し付けているが、病院側は、移転前の跡地を民間事業者により高額の賃料で貸し付け、「利ざや」が生じていると指摘しました。

さらに、県から1億円の補助金を受けていることから「県が二重に利益を与えていることと同じで適切でない」と県の対応を質しました。

これに対し、本多麻夫保健医療部長は「高度で不採算な救急や周産期の医療提供に県の補助金は不可欠で、他の病院にも出している」としたうえで、「補助金と減免は適切に行われ、県民に必要な医療の安定的な提供に役立つ」と答え、問題がないとの見解を示しました。

12月定例県議会の一般質問は12月13日まで続きます。

テレ玉

最終更新:12/7(金) 18:28
テレ玉

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ