ここから本文です

漏電検査で不正 関西電気保安協会などが謝罪/兵庫県

12/7(金) 18:08配信

サンテレビ

サンテレビ

関西電気保安協会や関西電力の子会社が電気設備の漏電検査の記録を改ざんしていたことが分かりました。

大阪市内で会見を開いたのは、住宅やマンションの電気設備の漏電検査で記録を改ざんしていた、関西電気保安協会や兵庫県電気工事工業組合など4社です。 関西電気保安協会によりますと大阪府や兵庫県の一部地域で、集合住宅のエレベーターなど共有部分の電気漏れに関する定期検査でデータを改ざんするなど不適切な処理が2014年4月から先月までの間に707件あったということです。

この問題を巡っては今年10月に愛知県などで同様の不正が相次ぎ発覚したため、経済産業省が全国で調査を要請していました。

最終更新:12/7(金) 18:14
サンテレビ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ