ここから本文です

マネーコンサルタント直伝! 年間10万以上貯まる「小銭貯金」のコツ

2018/12/7(金) 16:01配信

TOKYO FM+

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。12月6日(木)の生放送では、株式会社Money&You代表取締役でマネーコンサルタントの頼藤太希さんが登場。「1年間で10万円以上貯まる3つのおもしろ小銭貯金」を教わりました。

【写真を見る】クリスマス、大掃除に使える 100均アイテムに興味津々のパーソナリティたかみな

小さな積み重ねで、気がつけば「こんなに貯まっていたの?」と驚くこともある小銭貯金。しかし、実際に始めてみると長続きしない……という人も少なくないのでは? 「必ず1日の終わりに財布を開けて、なかの小銭を全て貯金箱に入れている」と話す頼藤さんは、電子マネーやクレジットカードを使っているものの10万円ほど貯まっているそう。頼藤さん曰く、500円玉貯金の場合、あまり紙幣を崩さないようになるので無駄遣いを減らすことができて、何にいくらお金を使っているのか意識できるようになると言います。この“何に”“いくら”お金を使っているか把握できるかは大切で、1,000万円以上などまとまった金額を貯めている人に共通する特徴なのだそうです。つまり、小銭貯金を制する者は1,000万円を貯金することが夢ではないそうです。そこで小銭貯金を続けるための3つの方法を明かしました。

1つ目は「カレンダーの数字貯金」。これは1月1日なら11円、1月2日なら12円……と月日を組み合わせて貯金していくというもの。この方法を使えば、年間18万758円貯まるそうです。
ただし、10月10日以降からは日々の貯金額が1,000円を超えてしまうため「厳しい!」という人もいるかもしれません。そんな人に向けてオススメなのが「365日貯金」。これは始めた日に1円、次の日は2円……と累計していく無理のない方法です。1日最大365円なので多くは貯まらないように思えますが、合計すると1年間で6万6795円貯まります。

2つ目は「歩数貯金」です。これは、1日500歩で500円を貯金箱に入れ、1万歩歩いたら1,000円……といった具合に、健康になり貯金も増える一石二鳥の方法です。

3つ目は「つもり貯金」。デザートを食べた“つもり”、自動販売機でジュースを買った“つもり”などで貯金していく方法です。「ひと駅ぶん歩いて、その距離でタクシーを使った“つもり”で換算して貯金するのもいいです」と頼藤さんは勧めました。

そのほかにも、Web上のフリーマーケットで得た売上金を貯める「フリマアプリ貯金」や、確定申告で返ってきた金額を貯める「節税貯金」など、ユニークな方法が次々と挙げられます。たかみなは「貯金の方法って『耐えて貯める』の1択かと思っていましたが、いろんな方法がある。自分にあったパターンを見つけるといいですね」とコメントしました。

頼藤さんによると、小銭貯金を成功させるため「ルールを決めて、その日に貯金箱に入れる」「モチベーション維持のため、旅行など使い道を決めておく」「面白い貯金箱を買う」の3つを心がけるといいそうです。

また、リスナーからは、貯金に関するメッセージがたくさん届きました。なかには「貯まった小銭を銀行に持っていくと、嫌がられないか」との質問も。頼藤さんは「窓口に持っていけば、ちゃんと口座に入れてくれます。大丈夫です。嫌な顔もされずにやってくれます」と即答していました。

(TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」2018年12月6日放送より)

最終更新:2018/12/7(金) 16:01
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事