ここから本文です

紀陽銀行の60歳男性元行員 客の口座から1200万円着服 懲戒解雇処分

12/7(金) 19:51配信

ABCテレビ

着服 紀陽銀行の行員 客の口座から1200万円

ABCテレビ

和歌山を地盤とする紀陽銀行は、元社員が客の金1200万円あまりを着服していたと発表しました。

紀陽銀行によりますと、2007年6月~2009年11月の間、当時、社員だった男性(60)が「銀行の定期預金にする」と言って複数回にわたって客から現金を預かり、あわせて1241万円を着服していました。半年ごとに訪れていた元社員が来なかったことを不審に思った客が、10月に銀行に相談したことで不正が発覚しました。着服した金は借金の返済にあてていたということです。紀陽銀行は客に全額を返済し、元社員を懲戒解雇処分としました。告訴はしないとしています。

ABCテレビ

最終更新:12/8(土) 0:51
ABCテレビ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ