ここから本文です

理髪店主殺害事件 実行犯の男に懲役14年の判決

12/7(金) 20:46配信

MBSニュース

 おととし、京都市伏見区の路上で知人らとともに理髪店を経営する男性を殺害したとされる男に対し、京都地裁は懲役14年の判決を言い渡しました。

 判決によりますと、住所不定の配管工見習い・前田晃始被告(28)はおととし9月、伏見区の路上で理髪店を経営する渡邊直樹さん(当時46)の首などを刃物で複数回刺して殺害し、証拠隠滅のため渡邊さんが使用していた車に放火しました。この事件をめぐっては殺人の罪で起訴されている倉本嘉太郎被告(39)が主導して、知人の福光大悟受刑者(35)に渡邊さんの殺害を指示し、前田被告もこれに従ったとされています。

 7日の判決で、京都地裁は「素手の被害者に対し包丁を用いて攻撃を加え、傷が多数に及ぶことも考えると執拗で甚だ残忍」として、前田被告に懲役14年を言い渡しました。

MBSニュース

最終更新:12/8(土) 13:50
MBSニュース

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ