ここから本文です

ソフトバンク、影響数は「調査中」…行政指導も

12/7(金) 11:30配信

読売新聞

 ソフトバンクの携帯電話などのサービスで大規模な通信障害が発生した問題で、石田総務相は7日の閣議後の記者会見で、「電気通信事業法上の『重大な事故』と考えられる」と述べ、ソフトバンクに原因など詳しい報告を求める考えを示した。全国で多くの利用者に影響が出ており、総務省は行政指導も検討する。

 電気通信事業法などは、利用者3万人以上が119番などの緊急通報を1時間以上できない状態が発生した場合などを「重大な事故」と位置づけている。事業者は、発生から30日以内に総務省に報告することが義務付けられている。

 ソフトバンクの契約数は2018年9月末時点で4043万件で、このうち多くの利用者が影響を受けたとみられる。ソフトバンクは影響数を「調査中」としているが、総務省は重大な事故にあたると判断した。

最終更新:12/8(土) 20:05
読売新聞

あなたにおすすめの記事