ここから本文です

入管法案、今夜にも成立…法務委員長の解任否決

12/7(金) 12:02配信

読売新聞

 外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理・難民認定法(入管難民法)改正案は7日夜にも参院本会議で、与党などの賛成多数で可決、成立する見通しだ。これに先立つ7日午前の参院本会議では、立憲民主党など主要野党が提出した横山信一法務委員長の解任決議案が、与党などの反対多数で否決された。

 山下法相は7日午前の閣議後の記者会見で、同法改正案について、「今は深刻な人手不足だ。一定の専門性、技能を持つ外国人に来てもらい、一緒に日本のために頑張っていただく」と意義を強調した。

 与党は6日の参院法務委理事会で、改正案の委員会採決を提案し、野党側は審議が尽くされていないとして反発。横山氏が職権で採決の実施を決めたため、野党は横山氏の解任決議案を提出して対抗した。

最終更新:12/8(土) 21:50
読売新聞

あなたにおすすめの記事