ここから本文です

ジャズ・ゴリラ。シャレオツBGMに合わせて暴れまわるアクションゲーム『APE OUT』PCとNintendo Switchで2月に発売へ

2018/12/7(金) 16:47配信

電ファミニコゲーマー

 Devolver Digitalはゴリラが主役のアクションゲーム『APE OUT』を2019年2月7日に発売することを発表した。プラットフォームはPC(Steam)とNintendo Switch。価格は未定だ。

【この記事に関連するほかの画像を見る】

 『APE OUT』は人間に捕らえられたゴリラが主役の見下ろし視点のアクションゲームだ。檻から逃れたゴリラは、怒りのままに人間を掴み、投げ、引き裂きながら各マップの出口へ向かって疾走する。

 人間たちは銃器や火炎放射器を手にしているが、強靭なゴリラパワーを前にしてはひとたまりもない。殴られただけで人間はただの血と肉へと変わる。近接攻撃だけでなく、人間を捕まえて肉の盾にしながら銃を無理やり乱射させることもできる。

 『APE OUT』は暴力的なゲームプレイもさることながら、スタイリッシュなアートとジャズドラムの音楽はさらに特徴的だ。トレイラーでは目まぐるしく変わる変わる色調と、敵を倒すたびに入るシンバルの音で盛り上がるBGMが確認できる。

 『APE OUT』を開発するGabe Cuzzillo氏はニューヨークに住む個人のゲーム開発者だ。2013年からゲーム開発を行っており、これまでに『FOILED』という対戦アクションゲームをリリースしている。

 本作の開発が始まったのは2014年ごろで、元々はこのようなアートではなかったという。大学で出会ったBennett Foddy氏から、ゴリラを単色のシルエットにしてみてはどうかとアドバイスを受けたことが、現在のアートへと変わるきっかけとなった。

 2017年にデモがリリースされ、近日発売かと思われていたが延期となった『APE OUT』。凶悪なゴリラが檻から飛び出すのは、2019年2月7日だ。

文/古嶋 誉幸

関連

電ファミニコゲーマー:古嶋 誉幸

最終更新:2018/12/7(金) 16:47
電ファミニコゲーマー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事