ここから本文です

高確率にショットを沈めるジョー・イングルズ「多くのオープンショットを放ってきた」

12/7(金) 14:38配信

バスケットボールキング

ワイドオープンにおける3ポイント試投数でリーグ4位を記録

 昨季からユタ・ジャズ不動の先発スモールフォワードを務めるジョー・イングルズは、オーストラリア出身の31歳。今季を含めたNBAキャリア5シーズンで、3ポイントシュートの成功率は通算41.2パーセントと、高精度を誇っている。

 一昨季は44.1パーセント、昨季は44.0パーセントという高確率をマーク。今季も38.4パーセントと、及第点を与えることができる数字を残し、ジャズの貴重な戦力として活躍を続けている。

 ジャズというフランチャイズにおいて、イングルズは3ポイント成功率(41.2パーセント)で歴代4位、成功数(536本)は歴代4位を残しており、キャリア5シーズンながらチーム史上有数のシューターの1人と言っていいだろう。

 もっとも、イングルズは自身のことを“シューター”と思っているわけではないという。12月7日(現地時間6日)にチームのウェブサイトへ掲載されたQ&Aの中で、「僕は数多くのオープンショットを放ってきたと感じている」と語っている。

 イングルズはチームメートでスコアリングリーダーのドノバン・ミッチェル、インサイドのルディ・ゴベアとデリック・フェイバーズの存在を理由に、こう続けた。

 「このチームにおけるスーパースター(ミッチェル)は昨年の11月から今日にかけて、オフェンス面で非常にアグレッシブなんだ。パサーとしての能力も、信じられないほど上達している。それにルディとフェイバーズは動き回って(僕を)オープンにしてくれるんだ。相手チームは彼らにダンクをさせたくないんだろうね。そこで僕が(コート上で)忘れられた存在のようになるのさ」。

 12月6日(同5日)終了時点で、ミッチェルはチームトップの平均21.3得点に3.6アシスト、ゴベアは平均15.5得点12.8リバウンド、フェイバーズは平均10.4得点を記録。イングルズはリッキー・ルビオ(平均12.7得点)に次ぐ、ジェイ・クラウダーと並んでチーム4位タイの平均12.5得点を残している。イングルズは言う。

 「相手チームが故意に僕をオープンにしているとは思っていない。(相手チームの要注意なプレーヤーを)オープンにさせないためには、誰かをオープンにしてしまうんだろうね。それで僕にオープンショットのチャンスが巡ってくるんじゃないかな」。

 『NBA Advanced Stats』によると、今季6フィート(約183センチ)以内にディフェンダーがいないワイドオープンな状況における3ポイントシュート試投数のランキングで、イングルズは87本でリーグ4位にランクイン。

 イングルズを上回るのはマルク・ガソル(メンフィス・グリズリーズ/94本)、エリック・ゴードン(ヒューストン・ロケッツ/97本)、ブルック・ロペス(ミルウォーキー・バックス/104本)のみとなっている。

 ジャズは11月末にリーグ屈指の3ポイントシューター、カイル・コーバーを獲得しており、徐々にだがチームとしての3ポイントの精度がアップしている。チーム内にシューターが増えたことで、イングルズから放たれるショットの精度も上がってくる可能性は十分ありそうだ。

BASKETBALL KING

あなたにおすすめの記事