ここから本文です

関電システムソリューションズ、UiPathのゴールドパートナーに認定

12/7(金) 18:00配信

BCN

 関電システムソリューションズ(KS-SOL、山元康裕社長)は12月6日、RPA(Robotic Process Automation)製品「UiPath」を提供するUiPath(長谷川康一代表取締役CEO)から、認定リセラー(販売パートナー)の最高位であるゴールドパートナーに認定されたと発表した。

 UiPathは、日本で680社、世界で1800社以上の導入実績があり、また海外の調査会社のレポートでもリーダーにランキングされている高機能なRPAツール。今回、KS-SOLがは、UiPathの認定リセラーの中でも、より高い技術力、サポート力を持ち、UiPathの導入実績、販売実績が豊富であるとして、ゴールドパートナーに認定された。日本国内の認定リセラー約50社のうち、ゴールドパートナーの認定を受けているのは、KS-SOLを含めて14社となる。

 KS-SOLでは、RPAの導入効果を最大限に発揮するためのビジネスコンサルタントによる業務プロセスの整理・見直しや、PoC(概念検証)、導入、保守、ルール策定、トレーニングといったRPAの導入や運用に必要なタスクについて、顧客の方針やニーズに合わせて、広範で柔軟な支援サービスを提供している。

 今後は、UiPathに関する「高い技術力・サポート力」や「豊富な導入経験」をベースに、多くの顧客に高い評価を得ている同社のコンサルティングサービスや各種システムの導入・運用・提供サービスなども組み合わせながら、顧客のRPAによる働き方改革や業務効率化の支援を加速していく方針。

最終更新:12/7(金) 18:00
BCN

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ