ここから本文です

「素直にうれしい」長谷川浩大元騎手ら新調教師6人

12/7(金) 9:14配信

日刊スポーツ

JRA新規調教師試験の合格者が6日、発表された。元騎手で06年フィリーズレビュー(ダイワパッション)などJRA通算213勝を挙げた長谷川浩大調教助手(35)ら6人が、難関を突破した。

長谷川助手は栗東トレセンの事務所で発表の時を待った。張り紙に自分の名前を発見し「素直にうれしかったです」。03年に騎手デビューした中村厩舎で調教助手を務めている。まずは師匠の中村師に電話した。「これから頑張ろうとうれしそうに話してくれました。出来の悪い弟子でしたが、最後は安心して引退してもらえると思うので良かったですね」。来年2月いっぱいで定年となる同師へも吉報を届けた。28歳で騎手を引退。「自分の努力が足りなかったから…」と振り返る。調教助手として1日平均6頭の調教をつける。中村師には感謝の思いがいっぱいで「先生の弟子で良かったです。これだけ貢献された方の考え、意志を継がないといけないと思います」と決意を新たにした。

最終更新:12/8(土) 16:46
日刊スポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ

あわせて読みたい