ここから本文です

西で12人目 阪神にFAで移籍した選手一覧

12/7(金) 13:00配信

日刊スポーツ

オリックスからFA宣言した西勇輝投手の阪神移籍が決まった。1993年から導入されたFA制度。阪神に同制度で移籍した選手は12人目。うちオリックスからは6人目となった。

【一覧】2019年のFA、引退など球界相関図※大筋合意、交渉中も含む

12人は、巨人(26人)ソフトバンク(13人)に続く3位。以下、DeNA(9人)中日(7人)オリックス(6人)ヤクルト、楽天(4人)西武、ロッテ(3人)日本ハム(2人)広島(0人)。

一方FAで退団した選手が最も多いのは西武の18人。以下、オリックス(12人=西含む)ソフトバンク(11人)阪神(10人)広島、中日、DeNA(9人)ヤクルト、巨人(8人)ロッテ(7人)楽天(3人)。

FAで阪神に移籍した選手は以下の通り。

93年 石嶺和彦外野手(オリックス)

94年 山沖之彦投手(オリックス)

99年 星野伸之投手(オリックス)

01年 片岡篤史内野手(日本ハム)

02年 金本知憲外野手(広島)

07年 新井貴浩内野手(広島)※赤松真人

10年 藤井彰人捕手(楽天)

10年 小林宏之投手(ロッテ)※高浜卓也

12年 日高剛捕手(オリックス)

15年 高橋聡文投手(中日)

16年 糸井嘉男外野手(オリックス)※金田和之

18年 西勇輝投手(オリックス)

※は人的補償選手

最終更新:12/7(金) 15:42
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ