ここから本文です

宮迫博之 涙の理由、息子が高校卒業を間近に控えて

12/7(金) 11:08配信

日刊スポーツ

雨上がり決死隊の宮迫博之(48)が、高校卒業を控えた息子からの感謝の言葉に「少し涙が出ました」と感慨深げにつづった。

【写真】18年の「R-1ぐらんぷり」決勝でも司会を務める雨上がり決死隊の宮迫博之と蛍原徹

高校へ通う息子のために作った弁当の写真を連日のようにツイッターにアップしていた宮迫。仕事で多忙な中、早朝に弁当を作る苦労もつづっていたが、息子の高校卒業が間近に迫った11月20日には「お弁当を息子に手渡し、再びベッドへ、我が息子ももぉ高校を卒業する、後何回かでお弁当作りも終わるかと思うと少し寂しいような気もする、いやっ気のせいやな。寝よ」と複雑な思いも明かしていた。

そして7日には「3年間お弁当ありがとうございましたッ!! と息子がハミガキをしている私に言ってきた」と報告。唐突な感謝の言葉に「照れ笑いで、オゥッ!!」と返した宮迫だが、「息子が部屋を出て行った後に、歯磨き粉が目にしみたのかな?少し涙が出ました」とつづり、ファンからも「ヤバイ泣く」「いい息子さん!感謝を伝えられるって素晴らしいです」「朝から泣かせないでください いい親子関係…」といった声が多数寄せられた。

最終更新:12/7(金) 16:21
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事