ここから本文です

C大阪社長に「モリシ」森島寛晃氏 年内にも発表

12/7(金) 12:11配信

日刊スポーツ

セレッソ大阪の新社長に元日本代表FW森島寛晃氏(46=現C大阪フットボールオペレーション部長)が就任することが、7日までに分かった。

【写真】02年、W杯チュニジア戦でゴールを決め、喜ぶ森島

15年度から4季務めた玉田稔社長(65)が今季限りで退任。後任に前身のヤンマーからC大阪ひと筋の“元祖ミスターセレッソ”が就任する見通しとなり、今季無冠に終わったチームの立て直しを託される。今後、手続きをへて年内にも正式に就任の運びとなる。

◆森島寛晃(もりしま・ひろあき)1972年(昭47)4月30日、広島市生まれ。東海大一(現東海大翔洋)から91年にC大阪の前身ヤンマーに入社して以降、C大阪ひと筋。J1通算318試合94得点(J2通算42試合12点)。日本代表通算64試合12得点。98年フランス大会、02年日韓大会と2度のW杯に出場。08年に引退。

最終更新:12/8(土) 23:50
日刊スポーツ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ