ここから本文です

桜田五輪相、聖火台の設置場所について「内容は…」

12/7(金) 13:04配信

日刊スポーツ

桜田義孝五輪相は7日、閣議後会見を行い、2020年東京五輪・パラリンピックの聖火台の設置場所について問われ「大会組織委員会を中心に検討していると聞いているが、政府としては報道されている内容は承知していない」と述べるにとどめた。

聖火台は、開閉会式のセレモニー用を新国立競技場に1基、競技期間中の常設用を臨海部のセンタープロムナードにある「夢の大橋」有明側付近に1基、設置する方向で、組織委や東京都が最終調整してる。今月中旬にも組織委、都、政府など関係機関のトップが集まる調整会議を開催し、国際オリンピック委員会(IOC)に報告する案を決定する方針。

最終更新:12/9(日) 0:02
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事