ここから本文です

7年ぶり開催のWECセブリング、暫定エントリーリストが発表。複数チームが第3ドライバー起用へ

12/7(金) 13:01配信

オートスポーツweb

 WEC世界耐久選手権は2019年3月13~15日、アメリカ・フロリダ州のセブリング・インターナショナル・レースウェイで開催される、2018/2019年“スーパーシーズン”第6戦セブリング1000マイルの暫定エントリーリストを発表した。

【写真】世界有数のバンピー路面で知られるセブリング・インターナショナル・レースウェイ

 2012年以来、7年ぶりに開催されるWECのセブリング戦は北米スポーツカーシリーズの最高峰、IMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップとの併催イベント。同ラウンドが行われる週末はIMSAの12時間レースとWECの1000マイル(約1600km)レースが一度にみられるとあって、例年のセブリング12時間を上回る盛り上がりとなることは間違いないだろう。

 そんな北米ラウンドの開催まで100日を切って間もない12月6日、シリーズはスーパーシーズン第6戦の暫定エントリーリストを発表した。リストには約3カ月のウインター休暇を挟むためドライバー欄にはTBAが目立つものの、LMP1、LMP2、LM-GTEプロ、LM-GTEアマの4クラス計34台が名を連ねている。

 今回も8台での戦いとなるLMP1クラスは、10号車BRエンジニアリングBR1・ギブソンを走らせるドラゴンスピードがドライバーを一部変更。富士と上海で10号車のステアリングを握ったジェームス・アレンに代えてヘンリク・ヘドマンが第3戦シルバーストン以来の復帰を果たす。また、バイコレス・レーシング・チームは全3名のドライバー欄をTBAとしている。

 LMP2クラスでは18歳の若手ドライバー、ジョン・バティスト・シムナウアーがWECデビューを果たす。所属チームは母国フランスのラルブル・コンペティションだ。

 上海戦にスポット参戦したコルベット・レーシングが抜け、ふたたび10台での争いとなるGTEプロクラスでは、3チームが高温のなか最大8時間を戦うレースに対応するため第3ドライバーを起用する。

 現時点でドライバーを発表しているのは、上海で今季初優勝を挙げたアストンマーチン・レーシング(AMR)とフェラーリの準ワークスチームであるAFコルセで、AMRは2連勝を狙う95号車アストンマーチン・バンテージAMRにダレン・ターナー、僚友97号車にはジョナサン・アダムを起用。AFコルセは51号車フェラーリ488 GTEエボにダニエル・セラ、71号車はミゲル・モリーナが助っ人として加わる。

 母国戦に臨むフォード・チップ・ガナッシ・チームUKも2台のフォードGTにそれぞれ第3ドライバーを起用するとみられるが、暫定エントリーリストではTBAとされている。なお、ポルシェGTチームとアウグスト・ファーフスが復帰するBMWチームMTEKは2名体制で北米ラウンドに臨む模様だ。

 LM-GTEアマクラスのトピックスは新生クリアウォーター・レーシングの誕生だ。前戦の上海ラウンドを最後に澤圭太、ウェン-サン・モク、マット・グリフィンという布陣での参戦を終了したチームは、ルイス・ペレス・コンパンク、マッテオ・クレッソーニをグリフィンの新パートナーに迎えてセブリングラウンドから始まる2019年の戦いに挑んでいく。

 この他、同クラスではデンプシー・プロトン・レーシングが77号車と88号車ポルシェの2台で、計3名のドライバーをTBAとしている。また、GTEプロクラスの助っ人を務めるアダムが抜けたTFスポーツも90号車アストンマーチンに欠員が出ている状態だ。

 シリーズ初の年またぎシーズンとなった今季の第6戦として、ひさびさに開催されるWECセブリングは3月13日に走行開始。14日の21時30分から予選が行われ、1000マイル(最大8時間)で争われる決勝は15日16時にスタートが切られる予定だ。

■2018/2019年WEC“スーパーシーズン”第6戦セブリング1000マイル 暫定エントリーリスト(2018年12月6日版)
Pos./No./Class/Team/Car/Driver/Tyre
1/1 /LMP1/レベリオン・レーシング/レベリオンR13・ギブソン/A.ロッテラーN.ジャニB.セナ/MI
2/3 /LMP1/レベリオン・レーシング/レベリオンR13・ギブソン/T.ローランM.ベッシェG.メネゼス/MI
3/4 /LMP1/バイコレス・レーシング・チーム/ENSO CLM P1/01・ニスモ/TBATBATBA/MI
4/7 /LMP1/トヨタ・ガズー・レーシング/トヨタTS050ハイブリッド/M.コンウェイ小林可夢偉J-M.ロペス/MI
5/8 /LMP1/トヨタ・ガズー・レーシング/トヨタTS050ハイブリッド/S.ブエミ中嶋一貴F.アロンソ/MI
6/10 /LMP1/ドラゴンスピード/BRエンジニアリングBR1・ギブソン/H.ヘドマンB.ハンリーR.バン・デル・ザンデ/MI
7/11 /LMP1/SMPレーシング/BRエンジニアリングBR1・AER/M.アレシンV.ペトロフJ.バトン/MI
8/17 /LMP1/SMPレーシング/BRエンジニアリングBR1・AER/S.サラザンE.オルドジェフM.イサーキャン/MI
9/28 /LMP2/TDSレーシング/オレカ07・ギブソン/F.ペロードM.バキシビエールL.デュバル/DL
10/29 /LMP2/レーシングチーム・ネダーランド/ダラーラP217・ギブソン/F.バン・イアードG.バン・デル・ガルデN.デ・フリース/MI
11/31 /LMP2/ドラゴンスピード/オレカ07・ギブソン/R.ゴンザレスP.マルドナドA.デビッドソン/MI
12/36 /LMP2/シグナテック・アルピーヌ・マットムート/アルピーヌA470・ギブソン/N.ラピエールA.ネグラオP.ティリエ/DL
13/37 /LMP2/ジャッキー・チェン・DCレーシング/オレカ07・ギブソン/J.ジャファーW.タンN.ジェフリ/DL
14/38 /LMP2/ジャッキー・チェン・DCレーシング/オレカ07・ギブソン/H-P.タンG.オブリS.リケルミ/DL
15/50 /LMP2/ラルブル・コンペティション/リジェJS P217・ギブソン/E.クリードR.リッチJ.B.シムナウアー/MI
16/51 /LM-GTE Pro/AFコルセ/フェラーリ488 GTE EVO/A.ピエール・グイディJ.カラドD.セラ/MI
17/66 /LM-GTE Pro/フォード・チップ・ガナッシ・チームUK/フォードGT/S.ミュッケO.プラTBA/MI
18/67 /LM-GTE Pro/フォード・チップ・ガナッシ・チームUK/フォードGT/A.プリオールH.ティンクネルTBA/MI
19/71 /LM-GTE Pro/AFコルセ/フェラーリ488 GTE EVO/D.リゴンS.バードM.モリーナ/MI
20/81 /LM-GTE Pro/BMWチームMTEK/BMW M8 GTE/M.トムチェクN.キャツバーグ/MI
21/82 /LM-GTE Pro/BMWチームMTEK/BMW M8 GTE/A.ファーフスA.F.ダ・コスタ/MI
22/91 /LM-GTE Pro/ポルシェGTチーム/ポルシェ911 RSR/R.リエツG.ブルーニ/MI
23/92 /LM-GTE Pro/ポルシェGTチーム/ポルシェ911 RSR/M.クリステンセンK.エストーレ/MI
24/95 /LM-GTE Pro/アストンマーチン・レーシング/アストンマーチン・バンテージAMR/M.ソーレンセンN.ティームD.ターナー/MI
25/97 /LM-GTE Pro/アストンマーチン・レーシング/アストンマーチン・バンテージAMR/A.リンM.マルタンJ.アダム/MI
26/54 /LM-GTE Am/スピリット・オブ・レース/フェラーリ488 GTE/M.ソーレンセンN.ティームD.ターナー/MI
27/56 /LM-GTE Am/チーム・プロジェクト1/ポルシェ911 RSR/A.リンM.マルタンJ.アダム/MI
28/61 /LM-GTE Am/クリアウォーター・レーシング/フェラーリ488 GTE/L.ペレス・コンパンクM.クレッソーニM.グリフィン/MI
29/70 /LM-GTE Am/MRレーシング/フェラーリ488 GTE/石川資章O.ベレッタE.チーバー/MI
30/77 /LM-GTE Am/デンプシー・プロトン・レーシング/ポルシェ911 RSR/TBAJ.アンドロウアーM.キャンベル/MI
31/86 /LM-GTE Am/ガルフ・レーシング/ポルシェ911 RSR/M.ウェインライトB.バーカーT.プレイニング/MI
32/88 /LM-GTE Am/デンプシー・プロトン・レーシング/ポルシェ911 RSR/TBATBAM.カイローリ/MI
33/90 /LM-GTE Am/TFスポーツ/アストンマーチン・バンテージ/S.ヨロックTBAC.イーストウッド/MI
34/98 /LM-GTE Am/アストンマーチン・レーシング/アストンマーチン・バンテージ/P.ダラ-ラナP.ラミーM.ラウダ/MI


[オートスポーツweb ]

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい