ここから本文です

片町で開発用地取得 ファースト・モータース 当面は駐車場で活用

2018/12/7(金) 1:05配信

北國新聞社

 ファースト・モータース(金沢市)は6日までに、同市の片町スクランブル交差点の近くで開発用地を取得した。敷地面積は約370平方メートルで、同社によると、当面は時間貸し駐車場として活用し、将来的に賃貸ビルかホテルの建設を視野に入れる。

 同社が取得したのは片町2丁目の「エルビル」裏手にある空き家と廃ビルの計2棟と土地で、取得額は非公表となる。月内に既存建物の解体に着手し、来年2月ごろから駐車場の営業を始める。

 干場篤社長は「近隣はビルへの配送業者やホテル開発に関わる建設業者による駐車ニーズが高い。しばらく駐車場として活用してから、開発方針を決めたい」と話した。

 ファースト・モータースは自動車販売や飲食事業の傍ら、金沢市内に賃貸マンションや時間貸し駐車場を所有している。広坂1丁目では同社として初めてホテルの開発を進めている。

 片町スクランブル交差点周辺は3ホテルの開発が進む。このほか、アパホーム(金沢市)がパチンコ店「タイガー片町店」跡のビルと敷地を取得し、ホテルに建て替える方針を示した。これまで片町は金沢駅周辺や南町・上堤町周辺と比べると、ホテルやマンションの新設計画が少なかったが、ここにきて開発案件が増えている。

北國新聞社

最終更新:2018/12/7(金) 1:05
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事