ここから本文です

南予の消防広域連携を 西予市長が災害想定の協議に意欲

12/7(金) 9:52配信

愛媛新聞ONLINE

 愛媛県西予市の管家一夫市長は6日の12月定例議会で、西日本豪雨や南海トラフ地震のような大災害を想定し「市民の安心安全を守り続けるには、より大きな枠組みで柔軟に消防力を配備できる体制が必要」と強調。南予での通信指令業務共同運用など、消防の広域連携を検討する場の設置を、県などへ働き掛けるとした。

愛媛新聞社

最終更新:12/7(金) 9:52
愛媛新聞ONLINE

あなたにおすすめの記事