ここから本文です

柑橘産業の復興支援 愛媛大にセンター開設

12/7(金) 17:09配信

愛媛新聞ONLINE

 西日本豪雨で甚大な被害を受けたかんきつ農業の復興や発展を支援しようと、愛媛大大学院農学研究科は「柑橘(かんきつ)産業イノベーションセンター」を開設し、松山市樽味3丁目の愛媛大農学部で7日、開所式があった。同大関係機関や生産者、行政などと連携し、地域産業特化型の研究センターを目指す。
 センターは、農業土木中心の「生産基盤」▽栽培技術や新品種を開発する「柑橘生産」▽ブランド化や機能性食品の開発に取り組む「六次産業化」▽地域の要望に応じた「客員研究」―の四つの研究部門で構成。農学研究科の教授ら39人が所属している。
 西日本豪雨の復興事業では、愛媛大防災情報研究センターや、県などがつくる南予地域柑橘農業復興支援チームなどと協力し、防災対策を踏まえた被災農地の復興や再編、整備を助言。中長期的な取り組みとして、担い手支援や若手農家の育成などを展開する。
 開所式で大橋裕一学長が「かんきつは重要な地場産業。産官学の拠点形成の第一歩で、さまざまな課題に対応する」とあいさつ。イノベーションセンター長に就任した山内聡農学研究科長は「生産者が希望を持ち安心して営農を続けられるよう、かんきつ産業を支えていくセンターになれば」と意気込みを語った。
 2018年度末からは宇和島市に委託された研究で、園地整備や6次産業化の準備などを行う。年度内を目標に、サテライト施設を南予に開設する。

愛媛新聞社

最終更新:12/8(土) 10:10
愛媛新聞ONLINE

あなたにおすすめの記事