ここから本文です

3ツアー対抗戦 石川遼が7年ぶり出場

12/8(土) 8:02配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内ツアー対抗戦◇Hitachi 3Tours Championship 事前情報◇グリッサンドゴルフクラブ(千葉県)◇3658yd(JGTO)、3380yd(PGA)、3113yd(LPGA)=9ホール(パー37)

【画像】小平智&古閑美保キャディ 夫婦で大活躍!

オフシーズンの恒例となったチャリティイベント、国内男子(JGTO)、国内女子(LPGA)、シニア(PGA)の3ツアー対抗戦が9日(日)に行われる。

昨年大会はMVPに輝いた小平智の活躍もあり、JGTOが2連覇を達成。通算成績はJGTOが7勝、LPGAが4勝、PGAが2勝となり、JGTOが2団体をリードする戦況が続いている。

各団体とも、賞金ランキング上位3人に推薦選手を合わせた6人ずつの計18人が出場。今平周吾、アン・ソンジュ(韓国)、プラヤド・マークセン(タイ)と3人の賞金タイトルホルダーがそろったほか、選手会長を務める石川遼が7年ぶりに対抗戦に加わる。小祝さくら、稲森佑貴、時松隆光らは初めての出場。池田勇太はフィールド最多の8回目となる。

競技はマッチプレー形式のダブルス戦で行われ、午前・午後の2ステージ制(9ホール)で実施。第1ステージはフォアボール(それぞれのボールでプレーして良い方のスコアを記録)、第2ステージはフォアサム(ひとつのボールを交互に打ったスコアを記録)で行い、マッチの結果ごとに配分される総合ポイントで勝敗を決する。

<出場予定選手>
【国内男子ツアー】 ※11月4日終了時点の賞金ランク上位3人
今平周吾、稲森佑貴、池田勇太、(以下推薦)タンヤゴーン・クロンパ、時松隆光、石川遼

【国内女子ツアー】 ※11月4日終了時点の賞金ランク上位3人
アン・ソンジュ、申ジエ、鈴木愛、(以下推薦)成田美寿々、比嘉真美子、小祝さくら

【国内シニアツアー】 ※11月3日終了時点の賞金ランク上位3人
プラヤド・マークセン、グレゴリー・マイヤー、キム・ジョンドク、(以下推薦)米山剛、山添昌良、久保勝美

あなたにおすすめの記事