ここから本文です

レア・セドゥ、ジェームズ・ボンド25作目にカムバック!

12/8(土) 13:12配信

IGN JAPAN

『スペクター』でマドレーヌ・スワン博士を演じたレア・セドゥがジェームズ・ボンド25作目にカムバックすることがわかった。
『DEATH STRANDING』への出演でも話題になったセドゥだが、The Daily Mailによると、次回のボンド映画で再びスワン博士を演じることになる。
同メディアによると、ボンド役のダニエル・クレイグと監督のキャリー・フクナガの両方がセドゥの続投を望んだという。レイフ・ファインズ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハレスといった常連も次回作に引き続き登場する。

「ジェームズ・ボンド25作目」画像・動画ギャラリー

ボンドガールが同じキャラクターとして複数のボンド映画に登場するのはセドゥが初めて。モード・アダムスは『007 黄金銃を持つ男』、『007 オクトパシー』、『007 美しき獲物たち』に出演しているが、それぞれ違うキャラクターを演じていた。
フクナガは今年9月、もともと監督を務める予定だったダニー・ボイルが降板した後(原因はヴィランのキャスティングを巡る意見の不一致だったと報じられている)、ボンド25作目の監督として起用された。
ボイルの降板後、1999年の『007 ワールド・イズ・ノット・イナフ』以来、すべてのボンド映画の脚本を手がけてきたニール・パーヴィスロバート・ウェイドが新たに脚本を手がけることも発表された。

ボンド25作目は2020年2月14日に全米公開予定。

Adam Bankhurst

最終更新:12/8(土) 13:12
IGN JAPAN

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ