ここから本文です

富士山世界遺産センター、徳川ゆかりの品展示へ 19年大型連休

12/8(土) 7:33配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 静岡県議会9月定例会は7日、公明党県議団の早川育子氏(富士市)が代表質問を、無所属の桜井勝郎氏(島田市・川根本町)と自民改革会議の土屋源由氏(伊豆の国市)が一般質問をそれぞれ行った。川勝平太知事は富士山世界遺産センター(富士宮市)について、2019年の大型連休に合わせ、富士山との関係が深い徳川家歴代将軍ゆかりの品を展示する特別展を、徳川記念財団と共催で開くことを明らかにした。早川氏への答弁。

 知事はさらに、来年夏にも富士山かぐや姫ミュージアム(富士市)と協力し、同センターで展示会を開くとした。県富士山世界遺産課によると、特別展は19年4月27日~5月26日、展示会は6月15日~8月18日を予定する。いずれも絵画中心の展示になる予定。

 知事は、ことし9月から11月にかけ、同センター初の有料展示「富士山絵画の正統」を開催し、予想を上回る約1万4千人が訪れたと説明。19年は、センター3階の常設展示「育む山」を改装して元日から公開し、富士山の動植物を紹介するとした。「富士山の世界遺産としての価値を多くの人に理解してもらうため、センターが魅力ある施設として常に進化するように取り組む」と強調した。

静岡新聞社

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ