ここから本文です

吟醸生搾り酒 「水戸天狗党」 「一心会」、10日から販売

12/8(土) 10:00配信

茨城新聞クロスアイ

県内の酒店主らでつくる「一心会」は10日から、吟醸生搾り酒「水戸天狗(てんぐ)党」の販売を開始する。水戸の名を高めようと、1999年から毎冬千本限定で発売している。

県産の酒造好適米「美山錦」を使用した吟醸酒で、明利酒類(水戸市元吉田町)が同社発祥の酵母を使い醸造。アルコール度数は16度とやや高めだが、口当たりが良く、華やかな香りが女性にも好まれ、人気を集めている。

同会事務局を務める水戸酒類販売(水戸市根本)の加藤正蔵会長は「市内の酒店の生き残りを図ろうと取り組んだのが始まり。口コミもあり毎年1、2週間で完売してしまう。実際に天狗党がたどった地でも飲んでもらおうと、土浦や石岡、大子など県内約15の酒販店でも取り扱っている」と話す。

価格は1.8リットル入りで2808円(税込み)。

問い合わせは一心会事務局の加藤さん(電)090(1540)7876。

茨城新聞社

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ