ここから本文です

【阪神JF】ダノンファンタジー陣営「体の使い方のバランスが良くなっています」/ねぇさんのトレセン密着

12/8(土) 12:09配信

netkeiba.com

 当然ながら阪神JFはファンタジーSを勝ったダノンファンタジーが注目を集めていますね。主戦の川田騎手が香港遠征中ということで、今回の鞍上はC.デムーロ騎手。陣営はかなり自信を持っているように見受けられます。

 ちょっと冬毛は出ていますが、牝馬ですし季節柄そう気にする必要はないでしょう。

「460キロ前半くらいで出走できると思います。背が伸びたとか、見た目すごく大きくなったとか、そういうことはありませんが筋肉がついて体全体的なバランスが良くなっています」(猿橋助手)

 幼い馬はどうしても走るための筋肉がつききっていないので“緩い”と表現されることがよくあります。

「体が緩い馬はどうしても前に頼るようなところがあります」

 ダノンファンタジーも以前はそのような体の使い方をしていましたが「今は改善され、体の使い方のバランスがとれて良くなっています」とのことでした。

 最終追い切りは調教師騎乗で行われています。馬なりで終い伸ばす程度でしたが、スピード感のあふれる動きでしたよ。

「現状、かなり馬が動ける状態だということで調整程度で十分だろう、という判断でこのような仕上げになりました。順調にきています」(猿橋助手)

 性格はすごく真面目で一生懸命走ります。

「カイバ食いもいいので、しっかり負荷をかけて調整できるのもいいですね」

 ダノンファンタジーはすごくバネのある走りをしますよね。阪神JFでもキッチリ弾ける走りを披露してくれるでしょう。

(取材・文:花岡貴子)

最終更新:12/8(土) 12:09
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事