ここから本文です

明石の天文科学館、クリスマスで多彩なイベント オーロラ投影など

12/8(土) 8:30配信

神戸新聞NEXT

 街はすっかりクリスマスムード。兵庫県明石市立天文科学館(明石市人丸町)は12月、コンサートやプラネタリウムの特別投影など、クリスマスにちなんだイベントが盛りだくさんだ。

【写真】クリスマス特別投影で上映するオーロラ

 最も人気があるのが「クリスマスナイトミュージアム」。神戸ジャズストリートにも出演する辛島すみ子さんを中心とした「辛島すみ子 with Friends」が出演し、プラネタリウムの星空の下、クリスマスにちなんだジャズの生演奏を披露する。22日午後7時開演。1人千円。申し込みが必要。先着270人。

 プラネタリウムでの投影もバラエティ豊かだ。

 サンタクロースが星空を解説する子ども向けの「クリスマスアワー」(24日まで)▽冬を代表する星団すばるを紹介する「星はすばる」(同)▽クリスマス音楽とともにサンタクロースの故郷、北欧の星空などを映す「クリスマス特別投影」(18~24日)-などのプログラムがある。

 22~24日は、特別企画「光と音のユニバース」を開催する。プラネタリウムドームの画面全体を使って、オーロラや雪の結晶が降ってくる映像を投影。クリスマスらしいロマンチックな景色を大迫力で楽しめる。期間中、クリスマスオーナメントを作る工作もある。同館TEL078・919・5000

(勝浦美香)

最終更新:12/8(土) 8:52
神戸新聞NEXT

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ