ここから本文です

福岡大学医学部が不適切な入試 現役受験生を優遇 2010年度入試から

12/8(土) 18:00配信

TNCテレビ西日本

テレビ西日本

医学部の不正入試をめぐる問題で福岡大学が会見を開き、2年以上の浪人生が特に不利になる不適切な措置をしていたと発表しました。

福岡大学は2010年度の医学部の入試から高校が提出する調査書を評価する際、現役生は最高20点を、1浪生は最高10点をそれぞれ加点し、加点0点の2浪生以上と差をつけていました。

8日の会見で黒瀬秀樹副学長は「卒業から長い年月が経つと評価対象となる高校の評定平均値は意味を持たなくなる」と浪人生が不利となる措置を導入した理由を説明しました。

福岡大学は「不適切な対応だった」と非を認め、今年11月の推薦入試からこの配点を廃止しました。

この措置が理由で不合格になった浪人生への対応は今後、設置される第三者委員会で協議するとしています。

テレビ西日本

最終更新:12/8(土) 18:00
TNCテレビ西日本

あなたにおすすめの記事