ここから本文です

世界認定の食品、食卓へ リウボウ商事 英テイスト社と提携、販売

12/8(土) 10:14配信

琉球新報

 リウボウ商事(糸数剛一社長)は7日、英国の卸売業者テイスト・ディストリビューション社(アレック・パターソン代表)と業務提携を結ぶと発表した。テイスト社は食品の国際大会「グレート・テイスト」の受賞商品を中心に取り扱う。グレート・テイストの評価を受けた商品をリウボウ商事が取り寄せ、デパートリウボウ2階の樂園百貨店で販売する。

 グレート・テイストは優れた商品を認定する英国発祥の国際大会で、商品の品質やおいしさを基準にしている。一流シェフやバイヤーなど専門家が審査を行う。欧州やアジアなど世界各地から商品が出展され、評価を受けた商品にグレート・テイストの認定を与える。樂園百貨店では認定を受けた13社34種類の商品から取り扱いを始める。国内でグレート・テイストの認知度を高めると同時に、国産品や県産品の受賞商品を増やすことも視野に入れている。

 糸数社長は「リウボウの強みを生かしながら世界のいいものを発信する。全国の百貨店や高級スーパーにもグレート・テイストの商品を置けるようにしたい」と強調した。パターソン代表は「グレート・テイストの商品が沖縄を皮切りに日本で紹介できることをうれしく思う。多くの観光客が訪れる沖縄は、商品がアジアで売れるか確認する場所にもなる」と話した。

 樂園百貨店では8、9の両日、グレート・テイスト受賞商品の実演販売を行う。

琉球新報社

最終更新:12/8(土) 10:14
琉球新報

あなたにおすすめの記事